「しごと塾さいはら」とは

 

2010年6月に発足した「NPO法人さいはら」と協働で、

山梨県上野原市西原地区を拠点に

「まちからむらへ通い続けるきっかけ・しかけ作り」に

取り組んでいきます。

 

 

毎回、都市と農村をつなぐしごとをしている

様々なゲストのお話を聞き、都市と農山漁村の交流について考えるセミナー

池袋まちむらカフェ「しごと塾」の第2期 4回目 「やりたいことをカタチにする」

 (2010年7月7日開催)で生まれたプロジェクトです。



 

◆1年目(2010年)の取り組み

1年目の取り組みとして、8月より秋そばの栽培体験をシリーズ開催しました。

地元の方を講師に迎え、種まき~土寄せ~収穫~そば打ちと一連の実技と、

各回関連した座学を行い、充実した学びの場をつくりました。

 

◆2年目(2011年)の取り組み

「さいはらの手しごとを学ぶ・手伝う・伝える」をモットーに

地域のお手伝いや農作物づくり、そばのオーナー制度の実施、

古民家を利用したコミュニティハウスの利用を進めていきました。

 

◆3年目(2012年)の取り組み

「さいはらの手しごとを学ぶ・手伝う・伝える」を大切に活動しました。

学ぶ…畑の作業では、冬の間に草を土に入れ込む「冬伏せ」を行ったり、

    マリーゴールド等を植えてコンパニオンプランツも試みました。

手伝う…西原ふるさとまつりやびりゅう館のお掃除等に

    参加させていただきました。

伝える…HPやFBで多くの方へ発信するほか、しごと塾さいはら通信という

    新聞を発行し、地域の方へ回覧して、私たちの活動や地域の魅力

    について知っていただく機会としました。

 

◆3歳~80代の方が参加

しごと塾さいはらの参加者の特徴は年齢層が幅広いこと。

まちからきた3歳の子から80代までが参加し、地元の子どもたちと一緒に遊んだり、

地域のお話や畑作業、ご飯づくりを通して、西原の人たちと交流しています。

どなたでもご参加できますので、ご興味のある方は「お問合せ」よりご連絡ください。

 

 

What's New

2016/4/10

しごと塾 7年目の活動がスタート!参加者募集中◎

 

Facebookでも随時、活動の様子をお伝えしています。そちらもぜひご覧ください。

<Facebookページ>しごと塾さいはら